■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2012年07月28日

湯沢フィッシングパークでの釣り方

私は基本的には海釣りなので、フィッシングパークに行くのは初めてです。

今回、湯沢フィッシングパークに行ってみました。

値段は遊漁券(竿付き) 2300円、ブドウ虫700円、イクラ400円です。
ちなみに釣れなかった場合でも、一竿につき2匹もらえます。

湯沢フィッシングパークに着いたのは10時30分頃。
ブドウ虫を使ってみました。
まあ、そこそこ釣れますが魚との駆け引きは無縁のようです。

湯沢フィッシングパーク

エサをうまく流しても釣れません。
40センチクラスの魚も丸見えでしたが、エサには見向きもしません。
時間が悪かったこともあるようです。


魚を釣った時の概要は以下の通りです。

エサを流さなくて、そのまま同じ位置で持っている 1匹
エサを入れて沈んだ瞬間に食ってくる 2匹
底を流していたらいつの間にか食ってくる 2匹

計5匹


基本、魚(ニジマス)が丸見えでたくさんいます。
釣れなくてもあきらめずに竿を出していれば勝手に釣れますが、底を流した方がいいようです。
なお、8匹までなら持って帰れるそうです。

エサを入れて沈んだ瞬間に食って来た2匹は、釣り始めてすぐの時(11時ころ)だけでした。
それからはいつの間にか釣れているような感じで、真っ昼間はやはり難しいです。

営業時間 9:00 〜 17:00なので、早めに行った方が釣れるでしょう。

ちなみに、フィッシングパーク内で竹串を購入(1本40円)して、その場で炭火で焼くことができます。
魚は自分でさばく必要があります。

湯沢フィッシングパーク 炭火で焼く

まあまあ遊べるので、湯沢フィッシングパークはファミリー向けにはいいところだと思います。
子供も安心して遊んでいました。


新潟の海釣り場ガイド (BIG1シリーズ)新潟の海釣り場ガイド (BIG1シリーズ)
海悠出版

海悠出版 2011-08-31
売り上げランキング : 145253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新潟の釣り場ガイド (Amazon.co.jp)