■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2014年02月16日

夢中物語 〜 釣りは人生

今まで、いろいろな魚を狙いを決めて釣行してきました。
大きな釣果があったときは、どの文章も気合いが入っているものです。

夢中物語 〜 釣りは人生

ここで書いた記事は努力の結果なので、残しておきたいものです。
やはり、偶然に釣ったのではなく必然で釣った方が嬉しいので、いい文章が書けます。
魚釣りへの想いの強さに比例するのでしょう。


(1) アジを釣るまでの道のり

アジの数釣りに挑戦

新潟県中越地震で、実家が半壊しました。
そのとき、自分は今までいったい何をやって来たのだろうと人生を反省し、いろいろなことに挑戦することになります。
その一環で軽い気持ちでやってみた釣りですが、

見事にはまってしまいました。

最初にはまったのが、アジサビキ。
尺アジを追い求めて名立に通っていたころの話です。
堤防に上って、広大な日本海の夕日を見るのもたまらないものでした。

記事は、初めて買った遠投磯竿 SHIMANO BULL'S EYE を偶然来ていた本物の尺アジ釣り(遠投カゴ釣り師)に使っていただいたものです。
小アジしか釣れない私を見かねて遠投の極意を教えてもらった話です。
釣りのレベルが一つだけ上がりました。

遠投カゴ釣り専用磯竿 SHIMANO BULL'S EYE (シマノ ブルズ・アイ)の評価 (プロの尺アジ釣り師に使ってもらいました)



(2) マダコを釣るまでの道のり

マダコの釣り上げ

遠投カゴ釣りに飽きて来た頃、柏崎で大きなマダコを釣り上げている人を目撃しました。
それを見て、自分もタコを釣りたくなったので本の知識だけでタコ釣りに挑戦した話です。
投げ釣りをしているとタコが釣れることがありますが、やはり狙って釣るのがロマンです。
挑戦したところ2回やって、2回ともつれたので確率的には素晴らしい釣果でした。

それもそのはず、ポイントは実際に釣るのを目撃した場所。
そして、時期は早朝。

釣りの場所(ポイント)と時間の重要性をここで学びました。

初めてのタコ釣り 〜柏崎のタコ(1.3kgの熱い戦い)



(3) クロダイを釣るまでの道のり

クロダイ!

釣りも2年目に入り、今度は堤防の王者クロダイを釣ることを目標にしました。
選んだ釣法はウキフカセ(全誘導釣法)です。
これも、独学で何冊も本を読み実践練習しました。
ウキフカセの練習をしていたときに日和山では夜中にメバル25センチを釣ったり、黒井でボラ50センチ、市振でウグイ40センチなど、大物も釣れるようになりました。

半年もたたずに、竿もGINRO王牙、リールも12万円もする TOURNAMENT ISO Z 50th ed 50thED を買い、とにかくクロダイ釣りにはまりました。

TOURNAMENT ISO Z 50th ed

でも、実際にはこの高価なリールを使うまでもなくクロダイを連続2回ゲット。
しかし、竿だけはGINRO(銀狼)王牙を使っており、一回目はこの竿でなければ間違いなくばらしていたものと思います。

釣りで一番大事なのは竿だと言うことを悟りました。

クロダイを独学で偶然ではなく、必然で釣りあげた達成感は人生最大の衝撃。
これでもう釣りを止めようかと思ったほど。
文章も過去最長の大作。

銀狼王牙で初クロダイ(チヌ)を釣ってみた感想B 〜 37センチを堤防から抜き上げるポテンシャル!クロダイの引きと銀狼王牙は物凄い。



(4) ヒラメを釣るまでの道のり

柏崎のヒラメ

クロダイはもう2回釣ったので、次の目標を立てました。
ヒラメです。
釣りの基本はアジ。
豆アジを使った泳がせ釣り。
予定外に柿崎で32センチのキジハタが連れ盛った時もありましたが、柏崎でようやくヒラメが釣れました。
ヒラメを釣ったときは柏崎の堤防で12時間粘りました。

釣りに必要なのは目標に対する執念なのです。

柏崎のヒラメ釣りA 〜 ソゲとは、30センチ以下のヒラメのこと



(5) キスを釣るまでの道のり(ダイワ キャスティズム)

キス爆釣モード

クロダイを釣った年と平行でキス釣りも始めており、今ではメインの釣りになっています。
師匠の助けもあり、鯨波で午前中だけで55匹の爆釣モードを味わいました。
一日中していたら目標である束釣りできるペースでしたが、この日は用があって…。
悔やまれる釣りでした。
キス釣りは、改善の余地がまだまだあります。
投げ釣りの飛距離はタイミングといいますが、それ以上に炎天下でも耐えうる強い肉体と、キスを求め砂浜を歩く脚力、それに加えて剛性の高い投げ竿の反発に何度も耐えることができる握力と腕力が必要です。

キス釣りに一番必要なのは体力ということを学びました。

キャスティズムでキス爆釣 鯨波のキス



(6) 寺泊での船釣り

寺泊 船釣り

寺泊といったら船釣りの方が有名です。
アジは中アジ〜尺アジ。
初イナダは船で釣りました。

船釣りは船酔いさえなければ、大爆釣できる釣りです。
下記の記事は船酔いしまくって 「けろけろ」 していますが、強烈な船酔いの中でも釣り続けて初めてのイナダを釣ったという執念の記事です。

新潟 寺泊の海釣り 〜 海釣りの仕掛け




2年目(2008年)の釣りは、週に1度は雨が降ろうが槍が降ろうが、必ず釣りに出かけていました。
シーズンになれば大潮を狙って仕事を休んででも釣りに行っていました。

場所も、新潟東港から富山の県境にある市振漁港まで。
時には車で仮眠して、二日連続もざらでした。
週末に冠婚葬祭等があっても必ず帰りには、良さそうな漁場を見つけて釣りをしていたほど。

釣りに人生をかけた執念の一年(2008年)は、釣果をもたらしました。

目標を達成したければ、他のことを投げ打ってでも没頭する執念が必要です。


2009年以降は、(クロダイを釣ってから)ウキフカセはほぼ封印して投げ釣りメインにしたので大物は釣れなくなりました。
投げ釣りは非常に奥が深く、テクニックと体力が重要で師匠にはとうてい及ぶものではありません。
でも、この釣りは今後も続けると思います。



(7) イナダを釣るまでの道のり

柿崎のイナダ

春先は尺アジが釣れる可能性があるので、ブルズ・アイでのアジ釣りをしていました。
しかし、イナダが釣れさかっていたので急遽、仕掛けは同じものを使い、釣り方だけを変えて35センチのイナダを2匹釣った話です。

見事に策がはまった改心の釣り。

状況に応じて策を変え、その策がはまったときの快感はたまりません。

イナダをアジサビキで釣り上げろ! 〜 今週の上越はイナダが大爆釣



(8) 尺アジを釣るまでの道のり

初めての尺アジ

一応、尺アジの目標を4年越しで達成した話。
船釣りですが…
釣りの内容よりも、アジという魚は最強にうまい魚だと言うことを声を大にして言いたくて書いたものです。

釣りをしていると、良く聞かれます。

釣り人
「何を狙っているの?」


「アジです。」

釣り人
「ふーん。アジか…」

このアジの格下扱いが嫌です。
イナダなんか釣っても全然おいしくないのに。
最強の釣魚はアジです。

私は、アジを狙ってアジ釣りをしているということを声を大にして叫ぶ。

釣りはアジに始まりアジに終わる。

ついに尺アジの目標を達成 〜 アジの味は最強の釣魚であることをみんなで見直そう



(最終章)  自分のあいのり

本当の最終章。
2008年の執念の釣りで 目標に対する結果達成の重要さ に気がつきました。
結果がなければ、人生は意味がない。
これは、恋愛も一緒。

クロダイを独学で釣る事に成功した自信は結婚に繋がったのも確かで、結婚相手も釣りに夢中にならなかったら決して出会わなかったものです。

釣りは人生であるということを再認識しました。

結婚して1年後には赤ちゃんも生まれ(目標通り?)、釣りどころでは無くなっているのも事実です。
今は赤ちゃんを育てることを何より優先したい。
そして、大きくなってから一緒に釣りをしよう。

赤ちゃん

自分のあいのり最終章 〜 クロダイより大物を釣り上げた!


最終章だからといって、釣りをやめるわけではありません。
また、釣行したら会いましょう。



パーフェクト・アジ―岸からのアジ釣りを楽しむ全ての人へ (BIG1シリーズ (78))パーフェクト・アジ―岸からのアジ釣りを楽しむ全ての人へ (BIG1シリーズ (78))

海悠出版 2005-07
売り上げランキング : 233599

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パーフェクト・アジ(Amazon.co.jp)

posted by 夢 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢中物語