■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2008年06月25日

鯨波で一体何が釣れたのか?

サクラマスショックのため、ウキフカセを今週は封印。

キスを求めて四千里

今回は、 名立にいた釣り名人 から聞いた情報。

遠投カゴ釣り師匠は最近見ませんが、名立にはプロの釣り師がまれに登場します。
見分け方は簡単です。
周りは釣れないのに、一人だけ釣れていること。

6月の名立 は全く魚の気配がないのに、一人だけフクラギやシマダイを釣り上げている。
見ていると、良くあるちょい投げカゴ釣りなのですが…

理由は簡単。
アジ針4号(これはとても小さい針です。小アジ用)、サビキ3本。

しかし、ここからが違う。

自分で、絶妙なタイミングであわせを入れています。
サビキ仕掛けで大あわせをしている人を初めて見ました。

名立には変わった達人が出没します。

その達人に聞いてみました。

夢  「今年の名立はどうですか?」

達人 「今日で今年は8回目だけど駄目だね。一回は完全にボウズのときがあったよ。大アジを釣ったのは今年一回だけ。」

夢  「最近キス釣りしかしていませんが、キスもいませんね」

達人 「キスはここより、断然鯨波だね。あそこは大物がいる。ちょっとボートででれば入れ食いだよ。」

なるほど、鯨波か!

名立ではアジもさっぱり釣れなかったのですが、いい情報を聞きました。


と、言うわけで 鯨波 。

波が高く、藻がひどい。
藻が、藻が。

だから、大物がいるのか?

向こう海岸沿いに投げ釣り師匠がいた。
カレイ釣りに一緒に行った師匠だ。

師匠 「今日は釣れるね。もう100匹近いかな。」

クーラー満タンだ!

さすが、朝から10時間もキスだけを釣っている師匠。
凄い精神力と体力だ!
24センチを筆頭に。

私の キャスティズム にもついにあたりが。

キスとキャスティズム

さらに、どうだ!

キス2

小さい?

2匹掛けもできました。
2時間で6匹。

6匹かよ。

ちょっと、時間が足りませんでした。
あたりが弱いので、春のキスは釣り方が難しいです。

春はちょい投げでいいですね。
私はもっとあたたかいほうが好きです。


見てわかる!シロギスの投げ釣り―ビギナーでもバッチリ釣れる「釣り入門」DVD in MOOK (BIG1シリーズ (93))見てわかる!シロギスの投げ釣り―ビギナーでもバッチリ釣れる「釣り入門」DVD in MOOK (BIG1シリーズ (93))
長島 吉孝

海悠出版 2006-08
売り上げランキング : 81230
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




タグ:鯨波
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。