■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2008年08月24日

柿崎のキス 強風、濁りの中でも爆釣? 〜 番外 トーナメント ISO Z 2500 LBD 50th ED が今日届きました。

今日は、待ちに待った記念すべき Daiwa 50th 記念モデル

トーナメント ISO Z 2500 LBD 50th ED

がついに届きました。

商品名 T-Z2500LBD 50th ed
シリアルナンバー 3○○
でした。

注文した人が、300人以上いるわけですね。
来週からは磯釣り、ウキフカセが本格派しそうです。



そのため来週は、投げは封印。
今週は投げに勤しみました。
しかし、今週もキス釣りのコンディションは最悪でした。

強風、うねり、濁り の柿崎

三重苦の中、キスを求めて釣りをしてみました。
浜から投げると全く釣れません。
師匠でさえ7色でも釣ることができないとの情報が。

そのうち地元のおじいさんらしき人がふらりと現れ、チョイ投げで釣り始めました。
テトラの際を絶妙に探っています。
なんと、キスが釣れました。
熟練の技です。
普通は根がかりしてすぐ終わります。

しかし、やはり根掛かりがあったようです。
すると、おじいさんはすいすいテトラに登って針をはずしに行くではありませんか。
腰が曲がっているようなおじいさんでしたが、テトラを普通に登っていく姿は 仙人 のようでした。

でも危険です

私もそこまではできません。
でも、何事もなかったのかのようにそのまま仕掛けを回収。
また、1匹ずつアジ釣りのようなタックルでキスを釣り上げていました。


チョイ投げでもポイントを選べばキスは釣れます。

キス釣りの極意

@ 遠投
A ポイント探し

Aを極めれば遠投の必要はありませんが、テトラ周りが主になり、危険、根がかりによる出費かさみます。

私は、@+Aをミックスした方法で、魚がいるテトラ周りを探りますが、基本遠投して探りを入れます。
テトラがどういう風に入っているか探すのに数時間。

型はまあまあいいですが単発でキスがかかってきます。
活性がいまいち。
置き竿にした方が掛かったりして、ポイントもばらばら。
キスの引き釣りを楽しむ私のスタイルとは合いません。

今日のキスは群れてないようです。

しかも、今日は 強風注意報 で追い風でした。
いつもは5色近辺の私でも6色は楽に出ます。
遠投だかテトラ回りなのか良く分からない釣りになってしまいました。

それでも今日のキスは24匹。
コンスタントに釣れました。

柿崎のキス テトラ際の攻防!

足で稼いだ釣果。
釣れない時は、回りも見てみよう。


今日のキス釣り仕掛け
濁りや荒れていて釣れない日は、派手な仕掛けがいいです。
大物狙いのハリ9号!(基本は6号のほうがいいです)



がまかつ(Gamakatsu) キス投釣仕掛 ケン付流線 赤 3本 鈎9/ハリス2 赤




タグ:柿崎 キス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。