■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2008年09月06日

高級魚キジハタ(アコウ)を釣るまでの道のり @ 豆アジで大爆釣の予感

今日は、天気が良くありませんでした。
曇りのち雨。
雷注意報。

天気図を見てみると、前線が微妙な位置にいましたが日本海からは離れていたので、雨だけ注意すればいいようでした。

今日は大潮。
魚の喰いが立つはず。
そのため、午後から釣行開始。
天気は曇り。
小雨も少々。

今日は、念願の TOURNAMENT ISO Z 2500 50th ed が届いた日でした。

TOURNAMENT ISO Z 50th ed

12万超えのリールなんて使ったこともありませんでしたが、飾っておくのも勿体無いので一応持っていきました。


早速、 ブルズアイ で遠投カゴ釣り。




シマノ(SHIMANO) ブルズアイ 7080


いきなり、豆アジ大爆釣
1000匹も夢ではない。

ベイトフィッシュが湧いているときは、活き餌釣り。
仕掛けはずっとありましたが、使うのは初めてでした。

釣った豆アジをそのまま針にかけます。
そのまま、ぶっこみます。
後は、待つだけ。



豆アジ無残

何かすぐにアジが食べられます。
頭と内臓だけが無くなります。

何かがいる!
アオリイカ かな?
それとも、恐怖のフグか?

何かいることは確かです。
これは、2本竿が必要だ。
豆アジを釣る竿とブッコミ用の竿。

しまった!
今日は、他には 銀狼王牙 と TOURNAMENT ISO Z 2500 50th ed しか持って来てない。

仕方がないか。
先日、 クロダイを2枚釣り上げたばかりの銀狼王牙

「クロダイを釣るまでの道のり」 はこちら

この最強の竿で豆アジを釣るのも乙なものだろう。
釣りの基本は、アジのサビキ釣りから。

掟破りの銀狼王牙でのサビキ釣り。

しかも、15号のカゴ仕掛けをセット!
TOURNAMENT ISO Z 2500 50th ed が泣いている。
今日は、そんなに遠投しなくてもアジは釣れるので軽く投げます。

そして、横では豆アジをつけてブルズアイでぶっこみ。
すると、何故か銀狼王牙のただのサビキし掛けに強烈な引き込みがありました。


何だこれ?
アジでは、ありえない引きです。
しかし、この銀狼王牙は1.2号。
銀狼王牙1.2号は、大物対応。

日本海仕様



ダイワ(Daiwa) 銀狼王牙 1.2-53


大物魚を引き寄せる力は半端ではない!
あっという間に堤防真下までは引き寄せました。

しかし、ここからが問題でした。
重くて堤防から上がらないのです。
また、6メートルもある堤防ではタモ網が届かない。
放っておくとドラグが鳴って、糸が出て行きます。

ドラグを締めてみました。
クロダイ釣りで会得した竿のしなりを利用して反動で抜き上げる方法。

それっ!

しまった。
全然上がらない。
これ以上はリールが回らない!?
謎の魚は、堤防の途中で中ぶらりん。

また糸がすぐ出て行くので、今度はこれ以上締まらないほどに締め直しました。

めりめりばりばり。

リールが変な音をたてる。
お、重い。
最後は、再び銀狼王牙の竿の反動を利用しての抜き上げ。
幸いにも糸は切れませんでした。

ついに巨大魚の釣り上げに成功!

でも、その正体は…?
???

??? 32センチ!

上にちょっと見えるのが、この魚を釣ったアジサビキ仕掛け7号。
このサビキ針に良くかかりました。

カサゴにしては、ちょっと違う?
お腹いっぱい、メタボリック。
すると口から未消化のアジがそのまま出てきた。

なんだこの獰猛な魚は!

うん?
これは何か辞典で見たことがある?

まさか幻の…

高級魚キジハタ か?

Aにつづく。


銀狼王牙は最高に面白い竿

銀狼王牙

ダイワ 銀狼王牙(楽天市場)




タグ:キジハタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。