■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2009年01月23日

冬の新潟、日本海 柿崎の釣り 〜 海雪

冬の新潟、日本海 は寒い。
波の高さも半端ではない。

1/20(火) 柿崎漁港


今日も 「夢」 は日本海に行っていた。
失われた何かを求めて。

去年、 「夢」 に夢を見せてくれた(ややこしい)、柿崎漁港。
渋いことも多かったが、キス、クロダイ、キジハタ等の大物が釣れた。

どんな漁港でも通いつめていれば、これくらいの釣果は望めるかもしれませんが、私にとってこの漁港は実に身体によくなじむ。
最高にハイってやつだ!

ここで考える。
失われた何かとは、何か?
そう、釣果だ。

最近、華々しい釣果が得られていないのだ!


冬の日本海は期待できない。
1月の海水温も10度前後になってきた。
それでも、釣り人の血は騒ぐ!

こんな低水温と荒波で釣れる魚は、よっぽど変わった魚しかいないだろう。
狙いは一つ。
先々週、釣った‥

ハタハタだ!

ハタハタ


というわけで、挑戦。
寒風吹きすさむ中、竿を出す。

遠くから見ていると、外海は凄いようだ。
海面まで7メートルを誇る柿崎の外堤防。
その堤防を乗り越えて波がかぶっている。

7メートルを超える波!
おかしい。
やはり、日本海はおかしい。


そのため、とても安全な内海で竿を垂れる。

ソルティーショットとホリデーメイト

ソルティーショットとホリデーメイト。
ホリデーメイトは滅多に使わない予備中の予備竿。

しかし、見事に何も反応がない。
魚が一匹も見えない。
遠くにカモが一羽だけ泳いでいる。
はぐれカモだろう。

あまりに釣れないので、竿を放っておいた。
すると突然、強烈な引きが!

クロダイか?


うん?

こ、これは!

なんと、さっき遠く離れたところに一羽だけ泳いでいたカモがよりによって、放っておいたサビキに引っかかっている。
いつの間に?
新しいスタンドか?


まずい、このままでは オバマの大統領就任 をおさえて、新聞の一面に載ってしまう。

無常、釣り人の針にカモが! 問われる釣り人のマナー

A記者 「どうして、そのような酷いことができるのですか?」
夢   「そんなつもりはなかったのです。カモが勝手に‥」
A記者 「それでは、あなたは何もやっていないというのですか? この嘘つきが!」
夢   「そんな!俺は無実だ!助けてくれ。」

投獄される「夢」。
次回は監獄から記事をお送りすることになりそうだ。


第一部 完




このように、脳内では物語が展開されていた(妄想ともいう)のですが、幸いカモの足にちょっと引っかかっただけだったのですぐに外れました。

カモは怪我も無くそのまま普通に泳いでいた。
良かった。

やっぱり竿は放っておくと危ない。


そして、4時間が経過。
もう、暗くなってきた。
カモは沖のほうでまだ泳いでいた。
何を考えているのだろう。

向こう(カモ)からしたら、自分もそう見えるのかもしれない。
何も釣れない竿を4時間も出し続けている人間。


竿を出しているのは私だけ。
地元師が寄ってくる。
聞いてみる。

「先週はハタハタをバケツ一杯釣った人もいた。
でも、今週、荒れてからはもうハタハタもアジもいないねぇ。」

なんと!!!



今日の釣果
(勝手にかかった)カモ

今年初めての痛恨のボウズ。



あなた(アジ)を追って柿崎。
悲しみの日本海。

ジェロ の気持ちがちょっとだけ分かった。




海雪





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。