■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2009年08月02日

この時期の柿崎のキスは遠い 〜 では堤防から投げてみてはどうだろうか?

前回の予告通り、ちょっと時間があったので午前中だけ、キス釣りに行きました。

自分は場所選定が大事と言いましたが、時間がなく良く調べられませんでした。
やっぱり、自分にはホームグランド柿崎がふさわしい。

柿崎のキス釣り

着いたのは、午前8時頃。

砂浜にも人はいましたが、待ちの釣りをしている。
あまり、キス釣りと言った雰囲気はない。
ヒラメかな?
でも、柿崎でヒラメはあまり聞かない。

釣れている雰囲気はなさそうだ。
こういうときは堤防を使って、浜からでは絶対届かない距離を投げて釣る方法も有効。

内海 & 横の堤防を上手く使っての投げ。

いろいろ投げてみましたが、近くには何もいませんでした。
生命反応がない。
しかし、4色超えあたりで反応が。
しかも、2回投げて3連、2連。

これは、束釣りの予兆か。

久しぶりの3連


今回は、30号のおもりをつけたので、調子がよければ6色でました。
しかし、リリースポイントを間違えてしまったので、錘ごと仕掛けが遥かかなたに飛んでいってしまいました。

珍しく飛んでいった錘を目で追えましたが、8色以上飛んでいったようです。
今まで、見たことのないような遥か遠いところに錘が確認できました。
PEラインの呪縛から解き放たれた錘はどこまでも飛んでいくようです。

青い空に白い錘は映える。


そうこうしているうちにチャンスタイムは去ってしまったようです。
昼まで粘りましたが、9時以降は殆ど当たりがなくなりました。
フグすらいない。

今日の柿崎の釣果
18匹

柿崎の釣果

今の時期のキスは、やっぱり早朝でなければ釣れませんね。
そして、飛距離が重要になります。




アウトドア&フィッシング ナチュラム

ダイワ(Daiwa) キャスティズム 27 385 (ナチュラム)
ダイワ(Daiwa) キャスティズム (Amazon.co.jp)



タグ:柿崎 キス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。