■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2009年08月15日

自分のあいのり最終章 〜 クロダイより大物を釣り上げた!


去年買ったオキアミや集魚剤が結構余っていたので、全てを使い切るのを目的で今回は

柿崎へクロダイ釣り

に行きました。




自分が、このブログを立ち上げたのが2007年1月。
最初は釣りとは無関係なブログでした。
好きな本とか、恋愛話。
その名残が微妙にカテゴリに残っています。
恋愛話なんてものは2007年の8月を最後にこの言葉を残して釣りだけに専念することにしました。


このままでいいのか?
どうしようか悩んでいる。
それを紛らわすために、合間には釣りをしている。

そして、今では恋ではなく釣りが残っている。


豆アジ釣りから始まったこの物語は、釣りに専念することで2年の間にキス、そしてクロダイを見事に釣り上げるところまで成長していったのです。





クロダイといったら、上越地方。
黒井、柿崎。
確かに自分も去年、柿崎でクロダイを釣りました。
今年も全く同じように釣ろうとしたのですが…。

まず、場所。
堤防先端が空いていない。
老夫婦が豆アジ等を釣っている。
困った。

とりあえず、オキアミを混ぜてみる。

オキアミ と コマセ

これで、ストックしておいたエサは全て使い切りました。
後は、クロダイを釣るだけだが…。


コマセをばら撒いてクロダイを寄せるには先端以外では期待できず、ポイントが分散されてしまうので、先端が空くまで堤防真下で、 ソルティショット を使って遊んでみる。

どうもメジナがいるらしい。
よし、釣ってやるか。
メジナはこのサイズでもいい引きを見せる。
20センチくらいでした。

メジナ


なかなか先端が空かない。
もう、今日はここでいいや。

クロダイ釣り 最後のばら撒き開始。

GINRO 王牙 を使うのはこれで最後だ。

GINRO 王牙




最近釣りに行っていない。
理由は簡単で、時間がとれないから。
特に、クロダイのような釣りは何回も釣行して、勘を磨かないとまず釣る事はできない。
去年はクロダイのことだけを考えて春から夏まで暇があれば、オキアミをまき続けた。

だから、釣れた。
クロダイは堤防釣りの中では王様。
船釣りとは違い、誰も助けてくれないこの広い海でクロダイを釣るのは至難の業。
それを偶然ではなく、2回、別の日に釣り上げることに成功。

今日のクロダイ

一つの区切りが去年の夏についていた。





さあ、クロダイ釣りの開始。
すると、堤防先端にいた人が今度はタコテンヤでタコ釣りを始めた。
自分に近づいてくる。

「釣れますか?」

始めたばかりで、それはないだろう。
しかも、タコテンヤ。
まあ、ここはタコもいそうだが…。
ちょっと、談笑したらその人は向こうに去っていきました。

さあ、始めるか。
すると、電話が。

K子
「結婚式の出席者なんだけど…。



また、電話するね。」




「夢」は独身のはず。
今まで、釣りに専念していたのではなかったのか?

そう、実は結婚することになりました。

クロダイを釣ってから、また女の子と会う機会が増えました。
しかし、これは釣りをしていなかったら決して出会うことのなかった話で、釣りで仲良くなった人からの紹介です。
私は、釣りを始めてからクロダイと結婚していたので、女には興味が無くなっていたのですが、クロダイを釣ったことでまた意識の改革が起きました。

クロダイと言う目標は達成した。
しかし、自分はどうだろうか?
このままでいいのか?
人生の目標が必要ではないか?
人間は結婚してこそ、一人前なのではないか?

そう思うようになりました。
しかし、所帯を持つと言うことは大変なことです。
世のお父さん方、ご苦労様です。





よし、やっとクロダイ釣りを開始できる。

ぷるるるるるるる

K子
「もしもし、釣れた?」

うがー

釣りになりません。
クロダイ釣りは孤独との戦い。
静かで誰もいないことが前提。
ふう。
もう、無理だな。
クロダイ釣りはこれで終わりだ。

この大量のつけエサをどうしようか?

つけエサ

マルキュー の バラケネリックス です。

実績のあるエサです。
去年はこれでクロダイを釣りました。

しかし、大量に余ったので持っていた付けえさを全部合わせて団子にしてみました。

クロダイの団子釣り


クロダイの団子釣りです。

クロダイとの決別のために一度やっておきたかった釣りです。
最後の一投。

ヒュー。
ぼちゃん。

そのまま、団子だけ飛んでいきました。
クロダイ釣りはそう、甘くない。

終了。




クロダイを独学で釣る事に成功した自信は結婚にも繋がった。
結婚相手も釣りに夢中にならなかったら決して出会わなかったもの。

そして、結婚。
自分は 

この大物を釣るために今まで釣りをしていたんだな 

と思う。

何かを得るには何かを捨てなければならない。
それは、クロダイ釣りだと思った。
とても時間と気力が足りないので。
老後にでも、クロダイ釣りは再開するかもしれませんが自分の中ではもう終了しました。
クロダイの道具は全て倉庫行きとなりました。


これからは出会いをくれたキス釣りをメインにしたいと思います。
やっぱり、比較的簡単で奥が深い投げがいいです。
投げはエサだけなので、環境にやさしいというのもいいですね。

下記写真のような(師匠提供)キスの束釣りが目標。

キスの束釣り?



これで、この 「自分のあいのり」 もようやく終了できます。
ちなみにプロポーズは、本家 「あいのり」 の放送終了直前でした。
これも偶然だったのでしょうか?




あいのり(Amazon.co.jp)


posted by 夢 at 12:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 自分のあいのり
この記事へのコメント
「夢」さん、おめでとうございます。
見知らぬ人へお祝いを言うのは初めてなのですが、以前から楽しく拝見させて頂いておりましたブログの管理人殿の結婚ということで何故かうれしくなりました。

また、これからは奥様との釣行なども本ブログの記事で読める事を楽しみにしております。
Posted by 信州人 at 2009年08月17日 10:08
どうもありがとうございます。

婚約者とも釣りに行きたいと思うのですが…
現在、「釣りに連れていく作戦」を練っている最中です。

信州人さんのアジの記事も拝見させていただいてます。
粒アジから豆アジへ。
小アジになるのももう少しですかね。
Posted by at 2009年08月17日 22:19
実際に釣れる釣りをして、楽しさを解ってもらうのも大事ですが、私こんな事にも気を付けています・・・

(1) 自分で後かたづけまで完璧にやる
(2) 自分で魚の下ごしらえ迄も全部やる
(3) 自分で(出来れば)料理も行う

で、奥方には出来るだけ「釣る」と「食べる」のみを楽しんでもらいます。
当たり前ですかね?

がんばりましょう。
Posted by 信州人 at 2009年08月18日 13:41
>奥方には出来るだけ「釣る」と「食べる」のみを楽しんでもらいます

いいですねぇ。
自分で料理する人は多いみたいですが、これがなかなか難しいものです。
この前、200匹近い粒アジを捌いて2人で揚げたときは大変でした。

でも、自分の趣味は自分で処理する。

これがケンカせずにすむ秘訣のような気がするので、これからは魚料理もしていきたいと
思います。
最近、いろいろと考えてばかりです。

がんばりましょう。
Posted by at 2009年08月18日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。