■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2009年10月16日

柿崎の釣果 〜 中アジは結構いたけど、キスは何処に行ったのか?

日曜日に黒井に行ってみました。
着いたのは朝の5時。

台風一過の黒井

最初は大雨でした。
久しぶりの釣行だというのに。

ちょっと、小降りになったので、一応、道具をもって、 黒井第一突堤 を偵察。

黒井第1突堤

人が異常にいます。
これでは、竿が出せません。
ベテラン風のおじさんが竿を出していた隣に座を構えてみましたが、竿を出す気分にはなれませんでした。

ベテラン風のおじさんが3回投げたところ、ゴミがひっかかっていました。
ゴミが海面にたくさん浮いていたのです。
今日はきついかもしれません。

台風のせいか海が汚れている。


朝6時

電話がきました。
今日は釣り仲間との釣行。
もうすぐこっちに来るとのことでしたが、黒井は駄目だということを告げ、私のホームグランドである柿崎へと向かいました。


柿崎漁港


やっぱりここが落ち着く。

やっぱり時代は柿崎だ!

でも、うねりが半端無く凄いです。
柿崎でも釣れる気配はないのか?


久しぶりのブルズアイでのカゴ釣り。

一投目
いきなりいいサイズのアジが釣れた。
なかなか引きます。

4号の 遠投磯竿ブルズアイ でも感覚が分かるほど。

シマノ(SHIMANO) BULL’S EYE(G MODEL)「ブルズアイ アウトガイドモデル」 4-520PTS (ナチュラム)


20センチ弱の中アジがたくさん釣れます。
少し前の粒アジはこんなにも成長したのか?(←嘘)



アジなんて黙っても釣れるという人がいますが、そんなことはありません。
アジにもピン・キリあります。

ちょうど、この日はテレビでアジング(ルアー)なんてものをやっていましたが、絶好のロケーションだというのになかなかアジに出会えていませんでした。

アジは回遊魚。

いないときはいません。
自分もこの中アジサイズがコンスタントに釣れ続けたのは今年初めてです。
(今年アジ釣りに行ったのは、3回目ですが…)


豆アジだとしても、アジの泳がせ釣りをすればこんな尺キジハタだって釣れる事があります。

キジハタ 32センチ!

アジは、比較的簡単な魚ですが、釣りの基本が詰まっている最強の魚なのです。

キジハタを釣るまでの道のり





ただ、アジは釣れだすと簡単に釣れすぎるのでさすがに飽きてきました。
これが、アジの良さでもあるのですが、釣り人に軽く見られるのは仕方がないのでしょう。
ですが、手軽で美味しいというのは凄いことだと思います。


私はアジが大好きです。

アジの数釣り、世界記録に挑戦


狙って、アジを釣りに行きます。

人に「何を狙っているのですか?」
と聞かれれば、胸を張ってアジといえます。


中アジでも、サビキに3匹もかかるといい引きを見せます。
タックルをライトタックルにしてアジングという新しい釣りが生まれたのもなんとなく分かるような気がします。

アジでクーラーが満タンになったところで納竿。

柿崎の中アジ

その後、キスもやりましたがキスは仕掛けが大量のフグに切られてあっという間に終了しました。

ピンギスが一匹だけ。
キススペでキス釣りしている人もいましたが、釣れている様子はありません。
やっぱり、キスはうねりがあるときは駄目ですね。


でも、久しぶりの釣行で中アジがコンスタントに釣れて良かったです。
釣りは、やっぱりアジで始まりアジで終わるのです。
小さくてもいい。
初心の楽しさを忘れずに。




パーフェクト・アジ―岸からのアジ釣りを楽しむ全ての人へ (BIG1シリーズ (78))



タグ:柿崎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。