■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2010年06月13日

柿崎のキス 〜 今の時期は波打ち際でヒラメがいい


今日も柿崎に行ってきました。
着いたのが朝5時。

柿崎のキス 〜 今の時期は波打ち際しかいない

さあ、キスを釣るぞ。

キャスティズムは柿崎が実に良くなじむ


事前情報より、尺アジもイナダももう爆釣の時期は終わったと思っていたので、今日はキスを釣りにきました。
先週は堤防にルアー師がたむろっていましたが、今日はガラ空きです。

人がいないときは魚もいない。

これは、まずい。
アジ釣り師がそこそこいましたが、チャンスタイムというのに寝ている始末。

何も反応がなく、どうも雰囲気が悪い。
空いているのは大歓迎だが。

サーフには人があふれかえっている。
波打ち際のキス釣りだろう。
しかし、私は敢えて堤防からの遠投に挑戦する。
人がいない今、魚もいないときこそ釣り上げるのが本物。

キャスティズム発進!


はい、何もいませんでした。
釣りが嫌になりました。

何も釣れないので、続々と堤防から人が帰って行く。
ついには自分一人に。
こんなにも釣れない柿崎は久しぶりだ。

サーフに変更するか?
いや、誰もいない今ここ柿崎の堤防で釣るのが柿崎マスターの意地。


「夢」 は、 伝家の宝刀 アジサビキ を取り出した。

竿 ブルズアイ
リール ルネッサ・ドライ デアイアル
糸 3号
道糸 0.8号
サビキ針 アジ4号

ボウズというわけには行かない。
しかし、フグすら反応しない。
これは、どうしたことか?

いろいろ方式を変えてみる。
リールを変則的に巻き上げる。

また、イナダの強烈な引きが!

イナダの強烈な引き

柿崎アベレージサイズ 35センチ。
なんとか面目は保てた。

しかし、今年は2回行ってイナダばかりで、アジが一匹も釣れていない。
アジが恋しいです。
キスもどこに行ったのか?



師匠キス情報。

午後出陣。

キスは波打ち際のみ。

しかし、ピンギス多し。
つまり、キスがベイトフィッシュになるのでヒラメが大チャンス。

左ヒラメ 右カレイ

潜って銛で刺したそうですが。
キスはこの時期波打ち際にしかいないようです。
こういうときは、堤防からキスを狙うのはやめましょう。

サーフのヒラメ


今の時期は、サーフからのヒラメ狙いがベストです。



見てわかる!ヒラメのルアーフィッシング―「憧れの一尾」を手にするための釣り入門DVDinMOOK (BIG1 139)



タグ:ヒラメ
この記事へのコメント
ちゃっかりキスつってるじゃないっすか♪さすがっすね☆
Posted by チャラオ at 2010年06月20日 22:23
キスは投げて釣るのが楽しいので今の時期のキスはちょっと違うんですよねぇ。
Posted by 夢 at 2010年06月21日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。