■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2011年05月02日

春の巨鯉と鯉釣りのタックル


今日は、近くの池にいきました。
巨鯉釣りです。
去年、63センチを釣り上げた池です。

まだ、ちょっと早いかと思いましたが竿を出してみました。
早速、釣れました。

春の巨鯉です。

計測してみましたが、62センチでした。

春の巨鯉

わずかに自己記録及ばず。
また、挑戦しますか。


私の鯉釣りタックル。

道糸とハリス

海釣りがメインなので、基本海釣り用のものを流用しています。
道糸とハリスは黒鯛用に購入していた 松田ブラックストリーム を使っています。

松田ブラックストリーム

600メートルで9000円。
まあ、こんな高い糸はいりませんが使わないのももったいないので、鯉釣りに使っています。

道糸  ナイロン    2.0号
ハリス フロロカーボン 1.5号

で十分です。

道糸とハリスは電車結びで結線してもいいのですが、サルカンで結んだ方が何かと楽です。
針はスレ針の13号 ヘラブナ用。
鯉釣りは遊びがメインなので、針に返しは不要です。


竿

ノベ竿 18尺 5.4メートル。
シルバーリバーの鯉翔という竿を購入 しました。

鯉翔 540

21尺(6.3メートル)のものでもいいですが、18尺(5.4メートル)が一番いいでしょう。
13尺(3.9メートル)のノベ竿もありますが、短すぎて使いにくいです。

黒鯛竿も18尺のものが多いです。


リール

ノベ竿なのでいりません。
リールがないと簡単でいいです。


ウキ

浮力が少ない棒ウキであれば何でもいいです。


エサ

芋グルテンです。
ヨーロッパで主流のボイリーというものも今後、使ってみたいです。


タナと仕掛け

べた底です。
ヘラブナ仕掛けの2本針(いわゆるちょうちんといわれる仕掛け)を自作しています。
自作と言っても、ハリスの長さが違う(40センチ、50センチ)ものを2本用意して、それに針をつけて、2本ともサルカンに結ぶだけです。
タナはハリスが短い方にあわせます。

バラけエサを使うとヘラブナも釣れることがあります。


鯉釣りは仕掛け自体は単純ですが、奥が深いので釣りの感覚を養うには最適です。


リールのいらない、18尺のノベ竿で巨鯉の感覚を味わってみましょう。
やみつきになります。
そして、巨鯉の目安80センチを目指しましょう。




鯉翔 (Amazon.co.jp)





この記事へのコメント
しなのびとです。いつもブログ楽しみに拝見しています初めてコメントします、
今まで糸魚川 能生 市振 黒井などで釣りを
楽しんでいましたが連れの実家が御前崎と言う
こともありたまには太平洋にも出掛けていましたが、昨年沼津で知りあった年配の釣り師から
両軸遠投篭釣りを伝授して貰いはまっています。インプレッサ4−52 葬雅3−585
ABU6500CSプロロケットで遠投頑張っつてます。どこかでお会いしたら宜しくお願いします。更新楽しみにしています。
Posted by さぶろう at 2012年05月18日 02:55
さぶろうさん、はじめまして。
両軸リールは難しそうです。
遠投カゴ釣りははまると楽しいですね。
鯉釣り以外にも柿崎などには出没することがあるのでよろしくお願いします。



Posted by 夢 at 2012年05月22日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。