■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2012年09月27日

アオリイカの釣り方

ルアー釣りはほとんどしない私ですが、今回アオリイカを釣ることに成功しました。

祝 初アオリイカ

胴長15センチの立派なアオリイカです。


簡単なアオリイカの釣り方

昔は豆アジを使って、ヤエン釣りのようなことをやりましたが断念。
それからしばらくエギングをしましたが、2007年以降エギングはしていませんでした。
安物ですが、エギは一通りそろっています。

エギ

基本はピンクとオレンジ。
潮が澄んでいるときはブルーやグリーン、ブラウン。

今回エギングを再開しようと思ったのは、周辺でアオリイカが釣れていたからです。
どうみても素人さんでしたが、3杯くらい釣っていました。
自分でも釣れそうな気がしてきました。
どんな魚にも言えることですが、まず魚(アオリイカ)が釣れているかどうかの確認は必要です。

そして、その時にアオリイカが釣れている餌木のカラー(仕掛け)を盗み見すること。

エギサイズも確認します。
ピンク 3号でした。
ピンクなら2007年当時に購入したエギがあります。


今回のエギング仕掛け

エギ   ダイワのピンク3号
竿    万能竿 シマノ ソルティーショット S706M-T
リール  クロダイ用 ダイワ TOURNAMENT ISO Z 50thED (LBDリール)
リーダー PE1号に8lb(2号)のフロロカーボンを電車結び

基本はキスちょい投げ用のセットをそのまま流用しました。
竿は普通の万能竿(1万円)です。
昔クロダイ釣り用に買ったリールだけがめちゃめちゃ高い(12万円)ですが、使わないのももったいないので、今では普通に使っています。

エギングのしゃくりの方法もいろいろありますが、自分は面倒なことはしません。
時計でいう8時方向から一気に12時方向まで竿を上げる方法です。
竿がまっすぐになったら、糸ふけをとりながら8時の位置まで戻します。
その繰り返し。

いろいろ場所を変えて10回くらいフォールしたころでしょうか?
いきなり重みが伝わりました。

アオリイカはエギがフォール(落ちる)していているときに襲い掛かることが多いそうです。

今回もそのパターンで、軽くしゃくった時に引きが来ました。
アオリイカは海中で墨を吐きまくっています。
軽いやりとりの後、ついにアオリイカを釣ることができました。

初アオリイカ

アオリイカは綺麗なイカです。
あとは、目の間をナイフのようなもので突いて締めればおいしく持ち帰れます。

この日は置き竿で30センチのヒラメも釣ったのですが、そのヒラメがかすむくらいアオリイカは絶品でした。

豆アジでヒラメ ゲット

エギングは道具や仕掛けが簡単でいいです。
それに、新鮮なアオリイカの刺身はとてもおいしかった。

ちょっと、本格的にエギングをしてみようかと思わせるほどの衝撃でした。

ピンクやオレンジのエギは一つは持っていた方がいいと思います。
周りでアオリイカが釣れていたら、エギをちょっと付け替えるだけで対応できるので釣りの幅が広がるでしょう。



ダイワ 餌木 (Amazon.co.jp) 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。