■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2007年03月09日

新潟県中越地震 1st Night @

DOOOOOON!

いきなりの激しい音と共に全ての電気が消え、非常灯がつきました。

その時の私はこの 「新潟県中越地震」 が、これほど長期にわたり爪跡を残すことになるとは予想もしませんでした。

10月23日
忘れないでしょう。



その日は、晴れていました。

地震は、気圧の変動などが要因となることがあります。
特に台風の後とかは危険だそうです。

そう思うと、なんかいつもと空気が違いましたね。
晴れていましたが、静か。
カラスとかすずめとかの声がない。
確かに異様な感じはありました。


新潟県の中越地方は豪雪地帯で有名です。
私の地域はせいぜい1,2メートルくらいしか積もらないので、それほどでもないのですが、雪の期間何もしないでいると庭の花や木が折れたりします。
そのため、庭の木などを縄で縛るという“冬囲い”という作業をする必要があります。
そのため、朝から冬囲いをしていました。

私は普段はデスクワークなので、正直なところこういうのはあまり得意ではありません。

なんとか我慢して作業を行い、朝から午後にかけてやっと終わったのですが、今度は倉庫の棚を作るとか言い出して、延々と手伝わされるはめになったのです。

せっかくの休日。
さすがに切れました。
ついには、ケンカになりました。

もう家にいるのが嫌になったので、日帰り温泉にでも行こうと思い家を出ました。
その時の捨て台詞が

「しばらく、家に帰らないからな(怒)」

この言葉は、ある意味正解でした。
さらに、頭にきていたので携帯を持っていかなかったのです。


新潟は 国道17号線 が中央に一本しか通っていません。
震源地の小千谷、川口から東京方面に進むとトンネルがあります。

ここを、

和南津トンネル

といいます。

このトンネルが塞がれたら、小千谷方面に帰る道はありません。
私は、そこを通って南下してしまったのです。

時間 PM 2:30


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。