■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2014年07月28日

普通の診断では見つかりにくいですが、胆石症(胆嚢炎)はすぐに病院にいきましょう 〜 胆嚢摘出手術2

謎の腹痛の状況がさらに悪化したのは今年になってからです。

胆嚢摘出手術2 ようやく病名が判明

この謎の腹痛は1年前に緊急病院(かなり大きい病院)でレントゲン等の診断をしましたが、原因不明と言われたので、我慢するしかないのかなと考えるところもありました。
胆嚢炎は普通の診断ではなかなか発見してくれないようです。

しかし、今年の4月、1か月の間に2回、何とも言えないのた打ち回る腹痛が続けて起きました。
さすがに連続でこの強烈な腹痛が起きると、不安で耐えられなくなってきます。

ただ、5月には前から計画していた 某有名娯楽施設 「夢の国」 にいく予約していたのでなんとか病院にもいかず我慢しました。
お腹は重い感じはずっと続いていました。

そして、当日。
やっぱりと言っていいか分かりませんが、 「夢の国」 で謎の腹痛をまた発症してしまいました。

その日の 「夢の国」 はとても混んでおり、遅い昼ごはんで3時頃にラーメン。道中では、アイスクリームやコーラなども飲みました。(このころは、炭酸系のドリンクもやたらと欲していました。)

夢の国

原因はいろいろあるのでしょうが、5時ころにはお腹が痛くなってきて、おじいさんのように背中を丸めないと歩けないほどまで症状が悪化しました。

調べてみるとここには救護室というものがあるようです。
出来れば行きたくなかったですが、歩くのも困難になってきたので救護室で寝ていることにしました。

自分は寝ているだけなので、家族には夜のパレードに行ってもらいました。
9時くらいまで救護室で唸っていましたが、全く改善しません。

ただ、ずっと救護室にいることもできないので、宿泊予約していた 「ホテルエミオン」 へ向かうことにしました。

その際、タクシーで最寄りのホテルまで送ると言われましたがお金がかかります。
生来からドケチな私は、家族と合流し歩いてバス停へ。
「ホテルエミオン」 に死にそうになりながら着きました。
ホテルは綺麗で爽快感、高級感がありましたが、こっちはそれを楽しむところではありません。

ホテルエミオン

お腹の疝痛に耐えながら、もうでない食物を数時間吐いていました。
あまりに痛かったのでホテルのフロントで正露丸をもらったら、多少落ち着きました。
正露丸は強力な痛みどめになるようです。

朝には症状が落ち着きました。
胆石症(胆嚢炎)は、お腹が痛いのが治れば、今までの痛みが嘘のように通常に戻ります。
ただ、脂ものを食べるとこの症状が再発するので、それからはおかゆなど簡単な食事だけをとりました。

帰宅して次の日になりましたが、やっぱりまだお腹が重くなっています。
食事に気を付けていましたがお腹の痛みもまた出てきました。

普通にかかりつけの病院にいき、診察を待っていましたがとても耐えられないので病院内のベッドに横になっていました。このかかりつけの病院はいつも混んでいるので、予約がないと朝イチにいっても診察は昼過ぎになってしまいます。

原因不明のまま、点滴(栄養剤?)を打ちました。
診察の前にレントゲンを撮るように言われたので、そのままレントゲン → CT。
その後、昼過ぎにようやく診察になりましたが、胆石があることが分かりました。

病名 胆石起因の急性胆嚢炎

一年前の別病院の検査ではわからなかった病気の原因がようやく分かりました。
石の大きさは1.5センチくらいで大きめです。
CTで見えた胆石は大きいのが1個、他にも2、3個くらいありそうでした。

後日、MRIで詳細に調べたところ、3個の胆石があることが分かりました。
いずれも直径1cm以上ある丸い胆石です。
胆石にもいろいろな種類があるようですが、自分の場合はカルシウムが主成分の石灰化したものなので溶けることはないタイプとのこと。

薬ではウルソ(ウルソデオキシコール酸)というものをもらいましたが、これは小さめのコレステロール系胆石には効果があるだけで、自分の胆石には効かないとのことでしたが、肝機能改善効果があるのでしばらく飲むように言われました。

そして、完全に治すための胆嚢摘出手術が決まりました。

最初に説明を受けたのは、腹腔鏡における手術だったのですが…。
胆嚢摘出手術3に続きます。

膵臓・胆のう・胆管の病気の最新治療 (よくわかる最新医学)膵臓・胆のう・胆管の病気の最新治療 (よくわかる最新医学)
白鳥 敬子

主婦の友社 2012-09-12
売り上げランキング : 102171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 夢 at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胆嚢摘出手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック