■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2014年10月25日

開腹手術の予後 〜 胆嚢摘出手術10

会社に復帰したのはいいのですが、特に感じたのが足の筋肉の衰えです。
たった3週間寝ていただけだったのですが、すぐ疲れてしまう。
でも、会社に行ったら通常に動いて仕事をしなければならない。
幸い、デスクワークなので開腹手術の痛みは耐えられるレベルだった。

開腹手術の予後 〜 胆嚢摘出手術10

初日は、ゆっくりと会社の仕事をこなした。
周りの人がフォローしてくれたので仕事の遅延は少なくて済んでいるようだ。

2日目。
足が筋肉痛のようになってきた。
肝臓に直結しているドレーン(経肝胆管ドレナージ)からは、黄色い汁が固まって大変なことになっている。

ドレーンが刺さっているところが大変なことに

病院に聞いてみると、ドレーンが抜けるとか、血がでるとかがなければ大丈夫とのこと。
綿棒で消毒していたらかさぶたが取れた。

直接経肝胆管ドレナージが入っている様子

まあ、大丈夫のようです。

3日目。
明日は病院に行くことになっています。
でも、足が痛い。
歩くスピードは亀より遅い。
何とか家に帰る。
明日病院にいってからゆっくり休もう。


病院

手術から約1か月。
経肝胆管ドレナージを抜く時が来た。
これで余計な管はすべて取れることになる。

先生は管を手で引っ張り始めた。

にょろにょろと内臓にささっていた管がとれていく。
意外と長い。
ちょっと緊張した。
でも、無事終了した。

その日は昼ご飯を外食して、寝ていましたが、夜になって熱が出てきました。
さらにじんましんも。

じんましん

じんましんの箇所は何故か手と足だけです。

じんましん 手と足

お腹や顔などにはじんましんはでてきません。
これも謎。

熱は38.1℃

夜でしたが、緊急外来にいきました。
明日は会社でしたが、とても行ける状態じゃないなと思いました。


胆嚢摘出手術11に続きます。

病院選びの前に必ず読む本 知らないと損する病院探し助かる人ほど病院はデータで決める病院選びの前に必ず読む本 知らないと損する病院探し助かる人ほど病院はデータで決める
塩飽 哲生

クロスメディア・マーケティング 2014-04-14
売り上げランキング : 211071

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by 夢 at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胆嚢摘出手術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック