■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2007年08月17日

尺アジを釣ろう B オリジナル仕掛け検証結果(3回)

尺アジを求めて3千里

3千里も行ってませんが、3回わき目もふらず検証してきました。

場所は、新潟県上越地方。
同じ場所ではありません。
能生とか名立とか糸魚川とかです。
上越はアジの魚影が濃い。

一回目 8月12日(ちょっと、一本針に挑戦)

5匹 最大 20センチ 海水温 26度
(PM3:00〜PM9:00) 夜全く釣れず。周りも。

アジ1


二回目 8月14日 海水温 26度

27匹 最大 19センチ
(PM1:00〜PM7:00)

アジ2


三回目 8月16日 海水温 28度

44匹 最大 17センチ
イワシも3匹います。
(AM11:00〜PM5:00)
ちなみにマズメ時に餌がなくなったので、昼間の結果です。

アジ3 爆釣


検証結果

オリジナル仕掛けは、強力なので昼間でも爆釣できることは分かりました。
昼の12時でも釣れます。

ただ、尺アジは釣れない。
というより、いません。

暑い日に尺アジはいない。


尺アジ釣りの必携本

パーフェクト・アジ

によると、尺アジの快適な海水温は

18度〜22度

夏は暑い。
特に今年は。
最高温度を記録したのも記憶に新しいでしょう。
今の海水温は27度くらいあります。

そりゃ、釣れません。
沖に、深くに行ってしまいます。
さすがに堤防では限界がある。
100メートル位じゃ足りません。
最近あの、プロのアジ釣り師の姿を見かけないのは、それが原因でもあるのでしょう。


参考 8月8日 海水温 24度
26匹 最大 28センチ 
私のオリジナル仕掛けで、尺近いのを釣った時のデータです。
海水温は24度でした。

サビキで尺アジ?


マズメ時は快適な海水温になっていたのでしょう。
また、初夏の朝にサーフからのメタルジグで40センチのアジを釣った人を知っています。

アジは底から中層を泳ぐ魚
マズメになるとさらに上がってきます。
この見極めが重要。
これは、経験と勘でしょう。

堤防直下に垂らすより、アジは沖(20メートルくらいで十分)のほうが釣れます。
観測史上最高の暑い日の昼間だけで40匹超えが可能
なのですから。

そして秋には、またアジが大きくなります。
秋にまた検証してみます。
相棒 ニューサーフリーダーで!

あと、尺アジ釣り師は

パーフェクト・アジ

を読んでおくのをおすすめします。
タイトルもそのままで大好きですが、ものすごく役に立ちます。

パーフェクト・アジ―岸からのアジ釣りを楽しむ全ての人へ (BIG1シリーズ (78))パーフェクト・アジ―岸からのアジ釣りを楽しむ全ての人へ (BIG1シリーズ (78))

海悠出版 2005-07
売り上げランキング : 90606

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■ シマノ ニューサーフリーダー (楽天市場)




タグ:尺アジ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。