■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2008年05月18日

全遊動釣法 実践編B 新潟西港で刺身が可能な大きい春メバルが釣れました。

最近、 全遊動 しかしていない私ですが、本当にこの釣り方は素晴らしいですね。

まず、釣れないということはありません。
今回のお客様は…

春メバル25センチ

春メバル

前回の越冬メジナ23センチを越える貴重な良型25センチのメバル。
このサイズに成長するには5〜10年近くかかる。
根魚は大事にしないと。

ただし、今回は同じ程度の引きがあった大きい根魚も2匹ばらしてしまいました。
このサイズになると網できちんとすくわないと釣り上げるのは難しいですね。


今回のメバルは良く見るメバルと比べて、ものすごくスリムでとても精悍なスタイル。

最近、愛読している 

釣り人のための遊遊さかな大図鑑-釣魚写真大全

で、調べてみました。



釣り人のための遊遊さかな大図鑑-釣魚写真大全


302ページですね。
メバルはDNAの違いから3種類います。

体型はメバルA型に近いですが、色はB型。
メバルのハーフでしょうか?

あとは、20センチのアジ。
針を飲み込んでしまった子供根魚。

春メバル、アジ

子供根魚は数十匹釣れましたが、元気な魚は全てリリースです。
もっと大きくなって刺身になってもらいましょう。

メバルの刺身

この刺身が、身が引き締まっていて絶品なのです。
十年の重みがある刺身。


今年の新潟はサワラのせいで5月中旬なのにアジがなかなか回遊しませんね。
まだ、まばらです。

でも、私はメバルには好かれますね。
サビキで偶然メバルが釣れたことがあるし、今回も ウキフカセの全遊動 で釣ったのですが、私のライフワークは メバリング なのか?

メバメバメバル


最強の全遊動 でまたサイズアップを狙います。
次は尺越え?



全遊動シークレットBOOK―全遊動&ウキ釣りの困ったときの処方箋





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。