■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2007年06月24日

KEY 「AIR」考察 後編(京都アニメーション作品)

AIR のアニメがあることは分かっていたのですが、原作のPC版が完璧だったため見る気は起きませんでした。
しかし、最近つい評価が良かったので見てしまいました。

調べたところ京都アニメーションというところで製作するアニメは評価が高いです。
原作の雰囲気を壊さず忠実にここまで纏め上げたところは特筆ものです。

AIR考察 後編

京都アニメーション作品 を見ての再考察)


ゲーム版と同じく「夢」編、SUMMER編(過去編)〜AIR編の3部構成

相変わらず前半はちょっとたるいのですが、SUMMER編(過去編)からは素晴らしい展開をみせます。
SUMMER編(過去編)で 「八百比丘尼」 に会わせるな!というセリフがあるのですが、AIRの話は基本的に輪廻転生と八百比丘尼の話です。

八百比丘尼 は手塚治虫先生の火の鳥(3)「異形編」を参考にしてください。
これが、一番分かりやすい。




登場してくるヒロインは全員精神に何らかの問題を抱えています。
これは、現代社会が生んだ精神病です。
「自傷行為」「妄想癖」「鬱病」
それに、過去からの呪縛、輪廻、業、家族愛を組み合わせて見事なストーリーを纏め上げます。

「世界で一番悲しい夢」
夢に蝕まれていく観鈴。

これは、過去編と綿密な関係があります。


あと、キャラクターの相関ですが、

柳也=主人公(国崎往人)=そら=ループ=最後の男の子
裏葉=国崎往人の母=ループ(=最後の男の子)
神奈=神尾観鈴(神奈にかけられた呪いの一部)=最後の女の子

です。

柳也と裏葉は、神奈の呪縛を解くために輪廻転生を繰り返す道を選びます。
守護の役目を最後まで果たそうとする。
神奈の母の死後、 柳也達はいつまでも、一緒に暮らしたい と言っていますがこれがキーです。

転生後、
男の場合は柳也
女の場合は裏葉
に転生します。

そして、人形使いの能力は一子相伝。


また、「そら」の下りは私のツボでした。
擬人化の逆パターンですが、近くにいるのに何もできないもどかしさというものを見事に表現しています。

現実では、自分は(カラスではない)人間。
やろうと思えばなんでもできるはず。
なのに何もやろうとしない。
出来ないのではなくやらない。

現実に向かおうとしないのは怠慢

というメッセージを受け取りました。

「そら」が、呪いの1つを返すごとに、ハッピーエンドに近づくのですが、エンディングでの
「人の夢とか願い、全部この空に返してや」
「そうすれば、うちらはきっと穏やかに生きていける。そんな気がするんや」
晴子のこの言葉は好きです。


この言葉を受け、「そら」は神奈を探し続ける旅に出ます。
まだ、輪廻は続く。

私としては、もうここで「全部」を返して欲しかった。
輪廻の終焉をはっきり示唆しても良かったのではないかと思います。
往人は、最後まで決して逃げなかったから、報われるように。
でも、往人と観鈴は最後まで報われることはないです。

全てを終わらせるための輪廻のループ

でも、決してこれは無限ではない。

「AIR」は、長い輪廻を終わらせる物語の一部だけを書いたものなので、 実は晴子の物語 なのです。


ハッピーエンドについて

最後に出てくる神奈(女の子)と柳也達(男の子)はもう一人ではありません。
手をつないで一緒にいられる時間がやっと手にいれられた。

そして、最後は過去の自分たちに逢いに戻っている旅をしています。
決して接触は出来ませんが、 「ありがとう」 の一言を言うためだけに。


これで本当に長かった

AIRの物語は終わり

です。

AIR 6 初回限定版AIR 6 初回限定版
小野大輔, 川上とも子, 岡本麻見, 柚木涼香, 石原立也

ポニーキャニオン 2005-09-07
売り上げランキング : 16016
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 夢 at 09:55 | Comment(16) | TrackBack(1) | AIR

2007年06月19日

KEY 「AIR」考察 前編

私の人生で最も泣いた物語。
巷では 泣きゲー と呼ばれているものです。

KEY 「AIR

もう、7年くらい経ちますが、いまだにいろいろなメディアに展開されています。

オリジナル版はPCゲームで2000年9月発売。
現代が舞台のDREAM編、SUMMER編、AIR編の三部構成。
PS2でも出ています。

「AIR」の物語はSUMMER編からAIR編で究極の感動的な展開を見せます。
前半のまったりした展開から想像できないくらいの怒涛の展開になります。

ぼろぼろ涙が出ます。
最初にPCゲームをやったとき、最後のところなんか涙で文章が読めなかったです。
とんでもないです。

それから、数年後またやってみたんですね。
また同じところでぼろぼろ。
こんなに、涙があるのかというくらいでてくる。

それから、最近アニメ化されたことを知り、TUTAYAで借りてみました。
また、最終話でぼろぼろ。

計3回です。

泣き率100%


主な登場人物

国崎往人 主人公 人形遣い
神尾観鈴 恐竜が大好きで、口癖が「がお」 ヒロイン
神尾晴子 大阪弁の継母

そら   カラス。本ルートでのkeyを握っています
みちる  別ルートでのkeyを握っています


最初の設定(主人公が人形遣い)から、よく分からないことが多いのですが、後半の展開は伝説です。


序盤に、  が出てくる。

夢の中のお前に翼はあるか?

俺が探しているのはもう一人のお前かもしれない。
この空の向こうには、翼を持った少女がいて…
それは、ずっと昔から。
そして今、この刻も…。
同じ大気の中で翼を広げ、風を受け続けている。

少女を探し続け(謎の言葉と、古ぼけた人形を遺して…)、母親は死んでしまう。


精神世界がテーマ。

観鈴 は結局、精神衰弱になります。
これには、通常の想像を遥かに超える壮大な理由があります。
とても、説明はできませんが。

ココロに関する話が大好きな私にとっては、ツボでした。
現代社会にこそ考えてもらいたい物語です。

私は、感動的な話は結構泣いてしまう方なのですが、これ以上に泣いた物語は過去にも先にもありません。
何回見ても同じシーンで泣いてしまう。

SUMMER編からは本当にもう、涙が止まりません。


また、別ルートで、
みちる という謎の女の子が、keyになっていた話も泣けます。

人間は思い出が無ければ生きていけない
だけど、思い出だけでは生きていけない。
夢はいつか覚めなければいけない。
覚めない夢はいつか悲しい夢にかわってしまうから。



さらに、音楽がものすごく心の琴線をくすぐるものになっています。

Air Original Soundtrack

私のお気に入りは、この6曲。
癒し系。

・鳥の詩(オープニング)
・夏影
・川
・緑
・ふたり
・Farewell Song(エンディング)

AIR オリジナルサウンドトラック
AIR オリジナルサウンドトラック
Key Sounds Label 2002-09-27
売り上げランキング : 30

おすすめ平均 star
starAIRはすごいです!!
star小さな手のひらにも負けてないはず
star私は、良い歌だと思います。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




AIR 考察

基本的に過去の呪縛による現実と夢の間の話ですが、よくあるバーチャルリアリティ系(マトリックスとか)の物語とは一線を画します。

人間の脳から繰りだされる夢は、過去の経験以外にも太古の昔から紡がれた遺伝子の記憶も関係があります。
これは、歳を重ねるごとに顕著に出てくる。

真理に到達する前に、人間は寿命を迎えます。
若い(25歳くらいが体力的にも精神的にも理想か?)まま、1000年生きれれば、どんな人でも真理が理解できると思います。

…が、その必要はないです。

人は、どんな人でも何かと繋がって生きている。
その繋がりが、どんな希薄な線でも、ものすごい過去からの呪縛でも。
その繋がり全てを理解する必要はないし、理解しようとしたら、その前に精神が崩壊する。

だから、今を楽しもう。

そんなことを深く考えてしまう物語です。
AIR の物語は今でも、私の遺伝子に組み込まれています。

AIRAIR

プロトタイプ 2007-11-22
売り上げランキング : 333
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 夢 at 00:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | AIR