■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2008年08月26日

日本海にはいろいろな釣り師が登場する @ 堤防から遠投カゴ釣りの真鯛80センチ?

今日も日本海は雨がふり、うねりが高い。
こんな日は、どこからともなく遠投カゴ師か、クロダイ師が出没します。

@ 遠投カゴ釣り師の巻

今日は、カゴ釣りで行こうと思いました。
久しぶりのカゴ釣りだったので、投げ方が下手になっていました。

磯竿と投竿はかなり違います。
最近投げばかりしていたので、遠投磯竿で遠投が出来なくなってしまいました。

カゴ釣り?
そう、最近封印していた遠投カゴ釣り専用竿 ブルズ・アイ の登場です。

一投目を投げて見たら、ウキが立たない。
ここは、こんなに水深が浅いのか。

そのとき、ひょっこり本物の 遠投カゴ釣り師 が登場しました。
かなりの年季が入った感じ。
バッカンと遠投磯竿だけを持っている。
6キロのオキアミだけがバッカンに入っていました。
この人は上手いだろうと直感しました。
(仮に「遠投さん」とします)


遠投 「カゴ釣り?私と一緒だ」
夢  「ここの水深はどれくらいでしょうか?」
遠投 「竿一本の長さ位だよ」

そういうと、浮き止め調整をしてくれました。

遠投 「ほう、カゴは自作か?」
夢  「アジ狙いですけど」


「遠投さん」 のカゴも自作でした。
私はステンレスを曲げただけですが、「遠投さん」の仕掛けは明らかに違う高性能の 自作カゴ でした。
カゴから、餌入れ、おもり一体型で付け餌を収納できる仕掛けです。

私は、去年アジのカゴ釣りばかりしていて数釣りは出来ましたが、大物は釣れなかったので、今年はウキフカセに転向しました。
ウキフカセに転向してから、40センチのウグイや50センチのボラを経て、クロダイなどの大物が釣れる様になったわけですが、このカゴ釣り師は言うことが違いました。

遠投 「カゴは奥が深い。今日みたいにあまり流れが無ければ、クロダイなんかが釣れてしまうよ。」

クロダイなんかが?

この人にとっては、クロダイは外道のようです。
今年はこのカゴ釣りの外道で42センチのクロダイを釣ったそうです。

そう、この人の狙いはただ一つ。

マダイ です。

マダイ が釣れる潮の流れを教えてもらいました。
今年は 80センチのマダイ をこの堤防からカゴ釣りで釣ったそうです。

ハリスは驚異の3ヒロ(4.5メートル)。
遠投したら絡まるのは必至。

しかし、確かに上手い。
自分はここから投げ釣りをしたこともあるので分かりますが、ウキの着水点が大体4色程度のところにあります。
100メートル近辺です。

カゴを超遠投で同じポイントに次から次へと落としていきます。
この精度が無ければ、堤防からマダイなんて釣れないのでしょう。

カゴにはオキアミをそのまま入れています。
伊豆だかどこかではスタンダードと言っていました。

でも、竿はあまり高級ではない ダイワのリバティ でした。




ダイワ(Daiwa) リバティー ISO 4-53遠投 4-53遠投


釣りは道具でするものではないのです。
上手い人になれば、道具を選ばないのでしょう。

大物が釣れるのは偶然ではなく、必然。
しかし、コマセを遠くのポイントに正確に投げる必要があるので、ピンポイントの釣りが必要になります。
しかも何回も。

堤防から大物を釣り上げるロマンです


カゴで大物を釣るには、私の腕はまだまだ足りませんね。

この日は潮の流れが悪く、さすがのプロもマダイは釣れずに3時ころに帰って行きました。
でも、キスとか他の外道が釣れていたので底を這わせていたのでしょう。


カゴ釣りは奥が深い。


新潟県(柿崎)の釣り情報
おすすめ釣り本比較

posted by 夢 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本海の釣り師