■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2009年06月24日

今週の柿崎は粒アジと粒イワシが大量に発生していた

今週の

上越の釣り情報

先週は、柿崎で25センチの中アジが釣れたので今週も行ってきました。
しかし、梅雨入りで天気も不安定なので、いい時期は終わったような気がしました。

事実、土曜日はうねりがあり米山のキスは波打ち際のみ。
師匠はキススペシャルの出番がないと嘆いておりました。

波打際で40匹だそうです。

米山のキス



日曜日の朝はじめじめした雨。
一転して、ものすごい晴れの天気。
先行隊は粒アジのみで、飽きて帰宅。

私は、夕方に連れと行ってみました。
聞いていた以上にすごい状況。

コマセもなしに大量の小さいアジがうじゃうじゃいる。
しばらくすると粒イワシの大群までも。
ものすごいナブラが立つ。

でも、大物はいる気配がありません。

粒アジ合戦が始まりました。
100匹くらい釣れましたが、なにせ

3センチ程度の粒アジ。

引きもなにもあったものではない。
これでは、面白くない。
さすがに、この小さすぎるアジの大群は始めてみました。



ちょっと、暗くなってきたので、エビをつけてテトラ際の見えメバルを狙いましたが、20センチが2匹釣れただけでした。

でも、テトラ際のメバル釣りは楽しいです。


そろそろアジも終わり、中〜遠投キスの季節になってきましたね。
キスの束釣りの季節。
キャスティズムの季節。
次回からはキスの束(予定)釣りに挑戦しようと思います。



投げ釣り―波に憩う魚と遊ぶパスポート


2009年06月14日

堤防の真下でも中アジクラスなら釣れる 〜 魚は養殖されるようでは終わりだ

今日は、ふらりと 錦鯉センター というところに行ってみました。

100円で餌が売っていたので、買って投げてみると、1メートルはあろうかという錦鯉が大量に押し寄せる。

なんだこれは。

錦鯉のウキフカセ

本命が大量に表層に浮いている。
本命はエサとりの下にいるのが普通なのだが。

魚は外敵がいなければこんなにも無防備になる。


思わず、自然の漁場(自由な海)で釣りがしたくなってきた。
こうなってしまったら、釣らずにはいられない。


所用が終わり、夕方5時。
タイムリミットは7時。

柿崎。

ホームグランド柿崎。
私のポイントに先客がいた。

回りはフグしか釣れていない。
フグが大量発生していた。
こういうときは、アジはあきらめたほうがいいのです。
しかし、もう暗くなってしまう。
時間はない。
ホームグランドで逃げるわけには行かない。

ウキフカセを応用した手法を使う。

上層にフグをおびき寄せ、下にいるアジを釣る。
船のおじさん連中の話から、今日はアジは回っていないことを知る。
こういうときは、居着きのアジをおびき寄せるしかない。


使用したえさはアミコマセのみ。
計300円
数少ないアジを効率よく探る。
オモリはつけたり、はずしたり。

全遊動釣法の応用。

波の状態を見て、溶かしたコマセを堤防真下に投げ、バケを張ったり、流したりすることでアジのみを選んで釣る。
あくまでもバケのみで釣る。

こういう日にオキアミなどをつけたら確実にフグが針ごと食ってしまうので。


今日の柿崎の釣果

25センチの中アジ など。

全部、堤防真下です。
フグだらけの堤防真下でも、いろいろ考えてやってみると魚は釣れます。

堤防真下の中アジ

この日はマダコもかかりました。
すぐそこまで見えるところまできて、糸が切れてしまいました。
タモがあればあげられたのですが…

表層、中層、底。
全てを探る。
堤防、防波堤は真下が狙い目なのです。

防波堤の下に隠れている魚をどうやって釣るかで釣果は決まります。

堤防、防波堤は真下が狙い目なのです。




防波堤釣りの極意 (つり人最強BOOK)

2009年06月07日

シマノジャパンカップ 投げ 〜 上越大会柿崎中央海岸は盛況

今日6月7日は、

シマノジャパンカップ 投げ

の開催日でした。

ついに、私こと「夢」も参加か?

シマノジャパンカップ


あれ?
参加したにしてはちょっとアングルが違う。
私はほぼ同じ時間帯に柿崎で釣りしていただけです。
しかし、凄い人だ。


今年の新潟のキスは力糸の範囲でやけに釣れているイメージがあります。

距離にして10〜20メートル程度。

ここ柿崎は私のホームグランド。
部外者?に負けてはいられない。

かといって、中央海岸からは殆どやったことがないので良く分からなかった。
師匠も同様。

遠投効果は全くないです。
3色あたりに、がっちりとした根があります。
はまったらまず、抜け出すことは出来ません。
師匠や私もPEラインを高切れなどで一投目でロスト。

よくこんなところがキス大会に使われるなぁ!

ちょっと、やる気が失せた。
回りも、殆ど釣れている感じがしない。

しかし、キスは近距離にいるのは確か。
私はここで、 シマノ ソルティーショット という最終兵器を登場させた。

何だか良く分からない竿でしたが、今年一番使っている竿。
堤防真下のアジ釣りなどで大活躍。
ウグイなどが結構釣れました。

尺ウグイ

ソルティーショット はこの荒い柿崎海岸でも使えるのか?

柿崎の荒波

答え 使える。

ソルティーショット はチョイ投げメインの竿です。
リールは シマノ バイオマスターMg
PE 1号
オモリ8号
3色程度しか巻けませんが、チョイ投げには十分。

開眼!

釣れる。
釣れるぞ。
キスが、目の前で!

合計12匹。

柿崎のキス

シマノジャパンカップとほぼ同時刻に終了。
結局、340g程度でした。
最大23センチ。
今年の柿崎のシマノジャパンカップは、最大863g。
まだまだです。

今日の収穫は、 シマノ ソルティーショット はかなり感度が良く、波打ち際ではかなり使えるということが分かったことです。
今まで、洗いもしていませんでしたが、これからは大事に使おうと思いました。

シマノ SALTY SHOT (ソルティショット) の購入と感想 C

アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム
シマノ(SHIMANO) SALTY SHOT(ソルティショット) (Amazon.co.jp)




2009年06月02日

新潟の釣り情報 6月

今年の新潟の初夏は魚の活性が高いようです。
いずれも、大爆釣です。


まず、投稿情報から

黒井突堤
アジ爆釣
巨大なコノシロもいるようですが…

アジ爆釣


柿崎 など
キス爆釣
力糸の範囲だそうです。
ほんの10メートル程度。

キス爆釣


私はというと、川や沼専門の上手い人についていって 初ヘラブナ釣り をしていました。
近所の池です。

へら釣り場


私は、クロダイ釣りをしていたので、基本はできていました。
また、魚の活性が高いということもあり、初ヘラ釣りで

初ヘラブナ

を達成できました。

初ヘラブナ

そして、さらには

52センチの巨鯉 

も釣れました。

巨鯉

新潟県は、魚の活性が高い。


でも、この週末はやはり豆アジ釣りに勤しみました。
やはり、豆アジは世界最高!

豆アジのマリネ


後日、川釣り専門の人はまた渓流やヘラブナ釣りに行き、尺岩魚や45センチオーバーのへらを釣ったようです。
場所はなかなか教えてくれませんが、この本を参考にするといいとのことでした。
ベテランをも唸らせる情報量とのこと。

その人曰く、

ポイントを自分で探すのも釣り人の楽しみの一つ。

ということです。



新 新潟の渓流と釣り

2009年05月23日

柿崎漁港でいったい何が釣れたのか?

今週は予告通り、釣りに行ってきました。
久しぶりの釣りは、やはり柿崎。

柿崎漁港

今日は午前2時30分に目が覚めてしまいました。
魚釣りに行くときは自然に早起きになってしまう。(→早起きすぎる?)

午前4時頃に 釣具の岸 に行ってみました。
ものすごく久しぶり。
柏崎には縁が無くなってしまいましたが、午前4時だというのに結構人がいました。
柏崎のどこで釣りを?
釣り人は、どんなところにも生息する。


柿崎には5時到着。
5時なのにものすごい人だ!

さあ、釣るぞ。

柿崎漁港

今日はアジ釣り。
実は、私は尺アジというものを釣った事がない。
最大28センチ。

尺アジを堤防から釣りたい。
これは、長年の夢。
今年はアジの当たり年だと思っている。

いつもはキス釣りの道具も持って行きますが今日は尺アジ専用タックルのみ。

遠投磯竿 ブルズアイ 

ブルズアイの感想はこちら↓
SHIMANO BULL'S EYE (シマノ ブルズアイ) の購入と感想 〜 B 初めての遠投磯竿


しかし、なんということでしょう。
誰も釣れていない。

うねりが凄すぎるのが原因。
10分やって飽きてしまった。
これはまず、釣れないな。

実際、殆ど釣果がないまま帰って行ったようです。

しかし、私は諦めが悪い。
ふと、内海が気になった。
こういうときは内海。

うねりで外海が駄目なときは内海。

これ基本。
豆アジは釣れた。

しかしサボっていたせいでチャンスタイムを逃してしまった。
3匹程度で終了。
うーん。
豆アジも単発で群れていないようだ。

内海に移動して、魚が釣れる時間帯まで待つ。
食い気が立つのを待つ。
待つ。

Zzzzzzz

1時間経過。

子いわしの大群が見えてきた。
すけすけの海にフグの大群も見えてきた。

仕掛け投入。

フグゲット!
フグゲット!
フグゲット!

相変わらず、フグ。
しかし、今日のフグは違った。
いい引きを見せる。
簡単に釣れるので、わざとフグ釣りに変更。
バケではあまり釣れないので、エビをつけてみた。
フグの引きを楽しむ。

しばらくすると、巨大な魚がエビの仕掛けに食いついた。
多分40センチくらいある。
4号の針でハリスは0.8号、これ以上引き上げるのは無理。
ボラにしては何か違うような感じなのだが…
予想通り、ハリスごと切られました。

こうなったら正体を見なければなるまい。
再度仕掛けを投入。

またかかったようだ。
ちょっと小ぶりになったが、いい引きだ。
面白い。

よしこれなら。



こ、これは。

幻のサクラマス

と去年も間違えた ウグイ でした。

尺ウグイ

尺アジを狙ったのに、また尺ウグイか。
去年は食べましたが、今回は海に返しました。

狙いはアジだ。
どりゃあ。

なんと、今度はナマコだ!

ナマコ

すげえ、さすが俺。
いや、さすが柿崎というべきか。

外道の宝庫。

やっぱり小アジ

ちょっと、小アジを追加して納竿。
豆アジ10匹は少なすぎますが、アジはこれからでしょう。



基礎から始める アジ釣り入門 (つり情報BOOKS)

2009年01月23日

冬の新潟、日本海 柿崎の釣り 〜 海雪

冬の新潟、日本海 は寒い。
波の高さも半端ではない。

1/20(火) 柿崎漁港


今日も 「夢」 は日本海に行っていた。
失われた何かを求めて。

去年、 「夢」 に夢を見せてくれた(ややこしい)、柿崎漁港。
渋いことも多かったが、キス、クロダイ、キジハタ等の大物が釣れた。

どんな漁港でも通いつめていれば、これくらいの釣果は望めるかもしれませんが、私にとってこの漁港は実に身体によくなじむ。
最高にハイってやつだ!

ここで考える。
失われた何かとは、何か?
そう、釣果だ。

最近、華々しい釣果が得られていないのだ!


冬の日本海は期待できない。
1月の海水温も10度前後になってきた。
それでも、釣り人の血は騒ぐ!

こんな低水温と荒波で釣れる魚は、よっぽど変わった魚しかいないだろう。
狙いは一つ。
先々週、釣った‥

ハタハタだ!

ハタハタ


というわけで、挑戦。
寒風吹きすさむ中、竿を出す。

遠くから見ていると、外海は凄いようだ。
海面まで7メートルを誇る柿崎の外堤防。
その堤防を乗り越えて波がかぶっている。

7メートルを超える波!
おかしい。
やはり、日本海はおかしい。


そのため、とても安全な内海で竿を垂れる。

ソルティーショットとホリデーメイト

ソルティーショットとホリデーメイト。
ホリデーメイトは滅多に使わない予備中の予備竿。

しかし、見事に何も反応がない。
魚が一匹も見えない。
遠くにカモが一羽だけ泳いでいる。
はぐれカモだろう。

あまりに釣れないので、竿を放っておいた。
すると突然、強烈な引きが!

クロダイか?


うん?

こ、これは!

なんと、さっき遠く離れたところに一羽だけ泳いでいたカモがよりによって、放っておいたサビキに引っかかっている。
いつの間に?
新しいスタンドか?


まずい、このままでは オバマの大統領就任 をおさえて、新聞の一面に載ってしまう。

無常、釣り人の針にカモが! 問われる釣り人のマナー

A記者 「どうして、そのような酷いことができるのですか?」
夢   「そんなつもりはなかったのです。カモが勝手に‥」
A記者 「それでは、あなたは何もやっていないというのですか? この嘘つきが!」
夢   「そんな!俺は無実だ!助けてくれ。」

投獄される「夢」。
次回は監獄から記事をお送りすることになりそうだ。


第一部 完




このように、脳内では物語が展開されていた(妄想ともいう)のですが、幸いカモの足にちょっと引っかかっただけだったのですぐに外れました。

カモは怪我も無くそのまま普通に泳いでいた。
良かった。

やっぱり竿は放っておくと危ない。


そして、4時間が経過。
もう、暗くなってきた。
カモは沖のほうでまだ泳いでいた。
何を考えているのだろう。

向こう(カモ)からしたら、自分もそう見えるのかもしれない。
何も釣れない竿を4時間も出し続けている人間。


竿を出しているのは私だけ。
地元師が寄ってくる。
聞いてみる。

「先週はハタハタをバケツ一杯釣った人もいた。
でも、今週、荒れてからはもうハタハタもアジもいないねぇ。」

なんと!!!



今日の釣果
(勝手にかかった)カモ

今年初めての痛恨のボウズ。



あなた(アジ)を追って柿崎。
悲しみの日本海。

ジェロ の気持ちがちょっとだけ分かった。




海雪



2009年01月06日

2009年釣り初め 新潟でハタハタ

明けましておめでとうございます。

今年は、釣り仲間と 本間釣具店 で福袋を見てきました。
去年、私は2つの福袋を購入しましたが、今年はなし。
もう竿だらけなので、必要ないのですね。

私の持っている愛竿 コレクション


ただ、 赤竿(トーナメントサーフU) があったら、買おうと思いましたがありませんでした。

今年もキャスティズム福袋がありました。
謎のM氏に、投げ竿を購入するように薦めましたが、彼は船釣りにはまったようです。
3万円の船釣りセット+シーバスロッドを御購入。

私は、いつもの仕掛けを5000円分。
くじで10%引きになりました。

本間釣具店 福袋

良かった。
良かった。



今年も1月5日は釣り初めと決めていた。

2009年 釣り始め。

さあ、釣るぞ。
いざ、柿崎へ。

内海には相変わらず、地元のおじさんがいる。
サバかイワシのようなものを釣っている。
とても小さい。

私たちはいつものポイントへ。
初魚はフグでした。
今年もフグに悩まされるようだ。

波が荒い。
撤収。
内海に移動。

柿崎内海


イワシが少々。
私は、すでにやる気がなくなっていた。
もう4時間くらいだろうか。
釣れたのは、フグ、イワシ一匹。

アジがいない柿崎には用がない。

しかし、M氏は一生懸命竿を出している。
素晴らしい。

暗くなって、雨も降ってきた。
私は車でさぼり。
M氏はまだ釣っている。
すると20センチくらいの変な魚を釣り上げた。

??

見たことがない。
お腹が痩せており、光っている。
大きな煮干しのようだ(なんだそれ)。
ちょっと、自分でも釣りたくなってきたので、少々やってみた。

釣れた!
これが、謎の魚だ!

ハタハタ


どうもこの魚は日本海では幻になりつつある ハタハタ!? のようです。

(幻といっても、時期になると寺泊では箱1杯で1000円くらいで売っていますが)


ハタハタ

しょっつる鍋で有名。
骨離れが良く、大変美味。
水深200〜300メートルくらいに棲む。
ただし、11月〜1月に産卵のため浅場に落ちてくる。
最近、日本では漁獲量が激減している。
秋田など北の方では釣れる魚だが、新潟近辺では珍しい魚。
最大20センチ程度まで成長する。

釣ったのはほぼ最大サイズだ。
M氏にあげてしまった。
まあ、いいか。

今年の釣り初めは私にとっては幻の魚 ハタハタぴかぴか(新しい) が釣れたということでヨシとしましょう。

今年のテーマは  ですかね?


アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。