■最新記事(TOP)へ
■人気blogランキングへ




2011年05月02日

春の巨鯉と鯉釣りのタックル


今日は、近くの池にいきました。
巨鯉釣りです。
去年、63センチを釣り上げた池です。

まだ、ちょっと早いかと思いましたが竿を出してみました。
早速、釣れました。

春の巨鯉です。

計測してみましたが、62センチでした。

春の巨鯉

わずかに自己記録及ばず。
また、挑戦しますか。


私の鯉釣りタックル。

道糸とハリス

海釣りがメインなので、基本海釣り用のものを流用しています。
道糸とハリスは黒鯛用に購入していた 松田ブラックストリーム を使っています。

松田ブラックストリーム

600メートルで9000円。
まあ、こんな高い糸はいりませんが使わないのももったいないので、鯉釣りに使っています。

道糸  ナイロン    2.0号
ハリス フロロカーボン 1.5号

で十分です。

道糸とハリスは電車結びで結線してもいいのですが、サルカンで結んだ方が何かと楽です。
針はスレ針の13号 ヘラブナ用。
鯉釣りは遊びがメインなので、針に返しは不要です。


竿

ノベ竿 18尺 5.4メートル。
シルバーリバーの鯉翔という竿を購入 しました。

鯉翔 540

21尺(6.3メートル)のものでもいいですが、18尺(5.4メートル)が一番いいでしょう。
13尺(3.9メートル)のノベ竿もありますが、短すぎて使いにくいです。

黒鯛竿も18尺のものが多いです。


リール

ノベ竿なのでいりません。
リールがないと簡単でいいです。


ウキ

浮力が少ない棒ウキであれば何でもいいです。


エサ

芋グルテンです。
ヨーロッパで主流のボイリーというものも今後、使ってみたいです。


タナと仕掛け

べた底です。
ヘラブナ仕掛けの2本針(いわゆるちょうちんといわれる仕掛け)を自作しています。
自作と言っても、ハリスの長さが違う(40センチ、50センチ)ものを2本用意して、それに針をつけて、2本ともサルカンに結ぶだけです。
タナはハリスが短い方にあわせます。

バラけエサを使うとヘラブナも釣れることがあります。


鯉釣りは仕掛け自体は単純ですが、奥が深いので釣りの感覚を養うには最適です。


リールのいらない、18尺のノベ竿で巨鯉の感覚を味わってみましょう。
やみつきになります。
そして、巨鯉の目安80センチを目指しましょう。




鯉翔 (Amazon.co.jp)



2010年10月15日

巨鯉を釣ろう B 〜 ついに巨鯉を釣り上げた

前回までのあらすじ。

「うっひょー」と何かに取り付かれたように叫びまくる釣りキチ「夢」
そんなに叫ぶと魚も逃げるぞ。

… 魚が逃げては困るので、普通に戻します。


巨鯉を釣ろう B 〜 ついに巨鯉を釣り上げた

ブルズアイは非常に強い竿なので、釣り上げるのは楽ですが反応が鈍くなるので釣りをしているという感覚が薄くなります。
それに重い。

そこで、いつもヘラ釣りで使う13尺の硬調ノベ竿を使うことにしました。
やはり、釣りの醍醐味は魚が餌をくわえたときに合わせるというところにあります。
感覚を研ぎ澄まし、集中する。
この竿の軽さなら、瞬時に合わせることも可能。

嵐の前の静けさ。
ちょっと、風も出てきた。

ヒット!
今度は合わせも完璧。
ノベ竿で引き寄せるのはかなり厳しいものでしたが、最後は立ち上がりさらに後ろに下がっての取り込み。
最後は魚紳さんにすくってもらいました。


ついに巨鯉をゲット。

池の主(巨鯉)


このクラスになると、一人では取り込めなかったです。
ブルズアイなら取り込めたかもしれませんが…。
そういうときに大きな魚はかからないものです。

では、さようなら。

池の主(巨鯉)のリリース


この池には、まだ巨鯉がたくさんいるらしい。

鯉は引きが緩く面白くないと言われますが、このクラスの野鯉になるとさすがに面白いです。
特にヘラ用のノベ竿でのやり取りがたまりません。

……

いろいろ調べてみたら、一般に巨鯉と呼ばれるサイズは80センチ以上 と言われているようです。
このとき釣った鯉は63センチでしたので、まだまだ巨鯉とは言えません。

巨鯉を釣るため 「夢」 の挑戦は続く。




鯉釣り―野に憩う魚と遊ぶパスポート

2010年10月09日

巨鯉を釣ろう A 〜新潟県では普通に錦鯉が池に住む?

前回までのあらすじ。

釣りキチ三夢 は、巨鯉の噂を聞きつけ叫んだ。
「うっひょー」
しかし、針が小さすぎた為、巨鯉をばらしてしまった。
さて、巨鯉は本当に釣れるのか?


巨鯉を釣ろう A 〜新潟県では普通に錦鯉が池に住む?



「かぁー。
魚紳さん、あっただところに大きな鯉が見えるべ。」

魚紳
「ヘラ用のこんな細い針では、心許ないな。他にないのか?」

夢は、海釣りがメイン。
巨コイにも応用できるような釣り道具はクロダイ用しかない。
夢は、クロダイ釣りで会得した知識とテクニックを応用することにした。

竿は超強力な遠投磯竿4号のブルズアイ。
リールはクロダイ用に買ったが全く使っていないダイワの TOURNAMENT ISO Z 50th ed 

TOURNAMENT ISO Z 50th ed

こんなところで使うことになるとは!(海だと、すぐ傷みそうで怖くて使えてません。)
針もクロダイ2号針に変更。
道糸は2号、ハリスは1.5号
全遊動では円錐ウキを使うが、ここでは棒ウキの方がいいだろう。
そして、基本の棚はベタ底。
棚をきっちり底に合わせて、全神経を棒ウキに集中させる。

90%以上がクロダイ用の道具と仕掛け。

しかし、大物を逃がした反動だろうか。
あたりが急激になくなった。


「あー。
さっきの鯉を逃がしたのは運のツキだったかぁ。
そういえば、腹も空いてきただ。
ゆりっぺ、じいちゃん飯にするべ。」


竿はそのまま放っておいた。


すると、置き竿に急激な引きが。
向こうあわせでかかってしまったようだ。
結構なあたりだった。

主か?

引いてみるとそれほどでもないが結構大きい。
しかし、さすがの ブルズアイ + クロダイタックル。

50センチを超えている鯉を簡単に引き寄せてしまった。

錦鯉?

でも竿が強すぎて、引きも何もあったものではない。
ちなみにタモもクロダイ用。



「うっひょー!
鯉の自己記録更新。
これは、何け?」

魚紳さん
「これは、錦鯉だ。
主(ぬし)というのは、新潟の錦鯉のことだったのか?
震災の影響で逃げ出したのが成長したのだろうか?」


すると、 北海道の釧路湿原から谷地坊主 が出てきた。

谷地坊主
「こんなのは主じゃねぇ。
この池の主というのは、身の丈10尺、頭からは角が生え、草を食む、いや人間の指を噛みちぎるという噂もある。
いや、イトウという話も…」


「なるほど、ほうれん草にしょうゆをたらして釣ればいいんだな。
ウキはウキ草を使おう。
それとも、ソーセージを人間の手の形にしてそこに針を…
そして、イトウにはネズミに似せたルアーが必要だ!」


魚紳さん
「…
夢君、某漫画の見すぎで脳が混乱しているようだな。
それと、ここは新潟だ!
ちょっと訳の分からないキャラが増えすぎているので、話を元にもどそう。

主は、れきっとした野鯉だ。

何故か新潟では錦鯉もよく釣れるが、これは新潟県の各地で釣れるのでそんなに珍しいことでもないだろう。
また、錦鯉は色や模様の配置などいろいろな要素が絡んで価値が出る。
ここで釣れるのは、価値が高いわけでもないので色鯉とでもいっておこうか?」


「そういえば、春にも別の池で釣っただなや。」

魚紳さん
「色鯉のひきは弱いが、黒い野鯉のひきは全然違うぞ。狙うは野鯉だ!」


Bに続く。

2010年10月07日

巨鯉を釣ろう @ 池の主がいる? 〜 釣りキチの血が騒ぐ。

今年は猛暑で、海の状態もおかしい。
釣果も思わしくないので、久しぶりに近くの池へ鯉釣りにいきました。

巨鯉を釣ろう @ 池の主がいる?

事の発端は
「ここの池には主が住んでいる。」
ヘラブナ釣りをメインに活動している 新潟の魚紳さん から以下の話を聞いたことからだ。

魚紳さん
「いやー。あの時はびっくりしたよ。
ヘラを釣ろうとして16尺でいつものちょうちん釣りをしていたら、いきなり凄い引きが!
何とか岸まで寄せてみたんだが、大きな尻尾を見せたと思ったらばれてしまった。
夢くんならどう釣るかなと思ってね。」

ヘラ竿では限界があり、とても上がらないので、立ち上がってさらに丘の方まで登ってようやく岸まで寄せた模様。
しかし、最後になってハリスが切れてしまったようだ。
軟調のヘラ竿でハリス0.6号では無理もないだろう。

その話を聞き、 「夢」 が主釣りに立ち上がる。


うっひょー。


「そんただ話を聞いて、この「夢」が釣らないわけにはいかないべ。」


※ この物語はノンフィクションです。
一部、言葉がおかしいのは某釣りキチの影響を受けているもので、方言はかなりのうろ覚えですがご了承下さい。


「夢」はヘラ専用のノベ竿も持っているが、これでは心もとない。
普段は海釣りメインなので、ハリスやウキはクロダイのものを代用してみた。
竿はイナダも堤防から簡単に抜き上げるという海釣り専用の強力な4号の磯竿、ブルズアイ。
針はヘラブナで使う、スレ針を用意。

餌もヘラブナ専用でサツマイモ系を基本としたグルテンが多めのものを使用。
餌の持ちを良くする為にバラけにくいように調整。


第一投

結構なあたりがある。
この池の魚影の濃さは半端ではない。
早速、20センチクラスの色鯉が釣れた。

色鯉


第二投

……??
何だこの引き込み方は?
凄い。
異様な雰囲気を察して、合わせる。
掛かった。

竿が強烈に曲がる。


「うわー、魚紳さん。早速、あの主がかかっただ。
引き込まれるー。」

魚紳
「なんという引きの強さ。
二投目で主を引き当てるとは!。
やはり、俺の目に狂いはなかった。」

やり取りは続く。

魚紳
「三平君。いや夢君。
腕を上に伸ばして最大限に竿の特性を引き出すようにしなさい。」


「こ、こうけ?」

その時、急激に主が外れてしまった。
ハリスはクロダイを抜き上げた時に使った 松田スペシャル ブラックストリーム 1.5号

クロダイ!

そう簡単には切れないはずだが!

なんと、針が折れていた。
小さい針だと、大物がかかると折れるということは結構よくある話。


「くーっ。」

夢は思った。
針が小さすぎた。
針を変えてみよう。
リリース前提で釣るコイ釣りにかえしがある針は邪道だと思ったが、強い針が必要だ。
ここはクロダイを釣ったこともある由緒ある針。
クロダイ用の2号針を使ってみることにした。

Aに続く。